自営業等の方の社会保険は
 
自営業・SOHO・自由業などの職業の方が加入する社会保険は、基本的に国民健康保険と国民年金(基礎年金)だけで、雇用保険や労災保険に加入することはできません。

会社員の方や公務員の方と比較した場合、保障が非常に薄いといえます。また、保険料納付(納付書や口座振替など)や保険の請求なども、自分自身で行わなければなりません。

このように自営業等の方は、生活していく中でより自己責任が求められます。そのため、収入を多くするよう努力したり、しっかりと蓄財したり、または民間保険会社の保険をうまく活用したりするなど、自分自身でリスク管理をしなければなりません。

ここでは、自営業等の方が加入する社会保険の仕組について見ていきましょう。

加入する社会保険の種類は

  • 国民年金
  • 国民健康保険
  • 介護保険

保険料の支払いが分かるものは

  • 国民健康保険料額決定通知書 
  • 国民年金保険料納付書 など 

国民年金のポイントは

  • 老後・遺族・障害時のための年金システム 
  • 年金構造:原則として基礎年金のみ 
  • 保険料は毎年若干増加、全員一律(同じ保険料)
  • 年金額は確定給付(金額が決まっている)
  • 少し年金額を増やせる付加年金制度あり
  • 任意で国民年金基金や個人型確定拠出年金に加入できる(国民年金への上乗せ年金)

国民健康保険のポイントは

  • 疾病・傷病のための医療システム 
  • 市区町村が運営 
  • 保険料は収入などをもとに算出
  • 給付内容は市区町村毎に若干異なる

その他の公的保障は

  • 小規模企業共済(事業主の退職金制度)