特集

軍艦島上陸

長崎半島から西に約4.5Km、長崎港から南西に約19Kmの沖合に浮かぶ小島「軍艦島」は正式名称を端島(はしま)といいます。
南北に約480m、東西に約160m、周囲約1.2Km、面積約63,000m³の小さな海底炭鉱の島で、塀が島全体を囲い、高層鉄筋アパートが立ち並ぶ外観が、軍艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれるようになりました。

軍艦島

軍艦島の歴史

軍艦島空撮

端島では、1810年頃に石炭が発見され、鍋島藩が小規模な採炭を行っていましたが、1890年(明治23年)、端島炭鉱の所有者であった鍋島孫太郎(旧鍋島藩深堀領主)が三菱合資会社(現・三菱マテリアル)へ10万円で譲渡し、その後100年以上にわたり三菱の私有地となりました。

その後、良質な強粘炭を産出する本格的海底炭鉱として操業し、1891年(明治24年)から1974年(昭和49年)の閉山まで、約1,570万トンもの石炭を採掘しました。

軍艦島

出炭量が増加するにつれ人口も増加し、周りを6回にわたって埋め立て、護岸堤防の拡張を繰り返し、狭い島で多くの人が生活するため、1916年(大正5年)には日本初の鉄筋コンクリート造の高層住宅が建設され、最盛期の1960年(昭和35年)頃には約5,300人もの人々が住み、人口密度は83,600人/Kuと世界一を誇り、当時の東京都の9倍以上まで達しました。

エネルギー革命により、エネルギーの需要が石炭から石油に移ったことで、出炭量も人口も徐々に減少し、1974年(昭和49年)1月15日に端島炭鉱は黒字のうちに閉山し、同年4月には無人島となり、2001年(平成13年)に三菱マテリアルから高島町(当時)に無償譲渡され、現在は長崎市の所有となっています。

島内の建物の老朽化や廃墟化のため、危険な個所も多く、島内への立ち入りは禁止されていましたが、島の南部に整備された見学通路に限り、2009年(平成21年)4月22日から観光客が上陸・見学できるようになりました。ただし、見学通路以外は島内全域は立入禁止となっています。
ただし、いつでも上陸見学できるわけではなく、外洋に浮かぶ小島ですので、風や波などの安全基準を満たしていることが条件となっています。

軍艦島

島の左側が崖となっていますが、端島の本来の島の一部です。
この崖の下のほうが(写真では左端が)上陸起点でドルフィン桟橋で、船はまず、ここに接岸します。

軍艦島選炭機の跡

第1見学広場からみえる選炭機の跡です。島に上陸して、見学通路を通りながら、いろいろな朽ち果てた施設が見えます。
最盛期には「日本の未来」といわれた島の現在の姿です。
豊かさとは?幸せとは?この島に上陸するといろいろな事を考えさせられます。
なお、上陸時には案内ガイドが必ず同行し、島の歴史や生活の様子等の案内をしてくれます。

軍艦島擁壁
軍艦島擁壁

明治期、島の拡張に伴う護岸づくりは、天川(あまかわ)と呼ばれる接着剤を用いた石積み工法により盛んに行われ、この擁壁を見ることができます。
また、外洋にある島ですので、台風などの高波の被害を受けてきました。そのため、壊れた防波堤の跡を見ることもできます。自然の猛威を感じてください

軍艦島 30号アパート

1916年(大正5年)に建てられた30号アパートは、かつて「グラバーハウス」とも呼ばれ、日本最古の鉄筋コンクリート造の7階建て(ただし、1916年の竣工時は4階建て)高層アパートといわれています。鉱員社宅として建設され、内庭には吹き抜けの老化と階段があり、地下には売店もありました。
第3見学広場から見えます。
建物の後に見えている白い塔は灯台です。閉山前の島では、夜も明かりが煌々と灯り、灯台はありませんでした。しかし、閉山とともに、夜間の島の明かりがなくなったため、1975年(昭和50年)に建てられました。正式名称は「肥前端島灯台」といい、現在の灯台は1998年(平成10年)に強化プラスチック製で建て替えられた2代目です。
選炭機の写真からこの写真までの建物等は、上陸後、見学広場等から見ることができます。

夫婦岩(めおといわ)
軍艦島夕日
軍艦島夕日

野母崎の以下宿(いがやど)バス停そばにある夫婦岩(めおといわ)からみた、夕日の軍艦島です。長崎市中心部から国道499号線を通って野母崎まで来ると、この風景が見えます。ただし、軍艦島に夕日が沈むのをみられるのは、野母崎からだけです。

また、野母崎からの端島のクルージングでは、海上から軍艦島に沈む夕日を見ることができます。ゑびす丸、栄丸(さかえまる)、光隆丸(こうりゅうまる)がクルージングを実施しております。ご利用ください。軍艦島上陸観光ができないときも、クルージングができる場合もありますので、各船にお問い合わせください。ただし、クルージングでは、上陸はできませんので、ご了承ください。

また、軍艦島上陸観光は、野母崎からは野母港から発着するアイランド号、長崎の元船桟橋から発着する(たけしままる)があります。
アイランド号は、上陸観光を実施している船会社の中で、一番早く、軍艦島まで約15分で到着します。また、上陸ガイドは、NPO軍艦島を世界遺産にする会の坂本道徳理事長をはじめとした方々や、昔端島炭鉱の元鉱員である方々が案内してくれます。

竹島丸は、元船桟橋から出発、まず高島に寄港して、軍艦島にまつわる勉強をします。講師はNPO軍艦島を世界遺産にする会の坂本道徳理事長をはじめとした方々で、石炭資料館にある軍艦島の模型やDVDを観賞して、軍艦島の歴史等を、はじめに知っていただき、その後、軍艦島に上陸しますので、上陸後の案内がよくわかると好評です。