中世の遣明船の寄港地、江戸期の鯨漁、どこか懐かしい町並み時がゆっくりと流れ棚田を育み荒磯に波が踊り海と空が玄界灘にとけあう島〈長崎県・平戸市〉的山大島。

歴史・文化財 情緒ある港風景や町並み、海にまつわる史跡の数々が繁栄と歴史を感じさせます。

神浦の町並み

〈国選定重要伝統的建造物群保存地区〉
江戸・明治・大正時代の離島の港町の伝統的木造建築群が細い道をはさんで建ち並ぶ。静まりかえった町中を歩くと当時の素朴な生活が蘇ってきそうで心が和みます。

〈国選定重要伝統的建造物群保存地区〉 拡大

朝鮮井戸

的山(あづち)湾の一角、本山神社へ登る坂道の左手前にあります。豊臣秀吉が朝鮮出兵の際、松浦党の兵船が用水を積み込んだという井戸。海のすぐそばなのに真水という不思議な井戸です。

天降神社

万寿2年(1025)創建の古社で、藩主公が奉納した肥前型鳥居と鯨組井元氏が奉納した石灯籠が目を引きます。

宗賀様

遣明船寄港地・的山港

西福寺

政務役の墓

鯨の供養碑

大島の歴史・文化の資料を展示しています。

ふるさと資料館

■開館時間:9時?17時
■休館日:年末年始(その他不定期)
※説明(要予約)0950-55-2511
※見学の場合、隣接する平戸市教委大島分室にお尋ねください。