支援事例詳細

地元農産品(トマト)を活用した高付加価値商品の開発・
バーチャルショップ等による新商品の販路開拓

地元農産品(トマト)を活用した高付加価値商品の開発・バーチャルショップ等による新商品の販路開拓

企業組合eタウン

長崎県長崎市

【連携体】

  • 長崎ダイヤモンドスタッフ株式会社
  • 株式会社フジカ
  • 有限会社紀文(レストランハルビン)

商品紹介

事業内容

長崎ダイヤモンドスタッフ(株)の「ダイヤトマト」を活用し、レストラン「ハルビン」の人気メニュー「トマトのコンポート」をベースとした高付加価値の加工食品を開発する。連携体における役割は、1.企業組合eタウンが全体マネジメント、マーケティング調査、商品開発企画、販路開拓。2.長崎ダイヤモンドスタッフ(株)が原料(ダイヤトマト)の安定供給体制確保。3.有限会社紀文(レストランハルビン)が研究試作、レシピ開発、ブランド提供。4.(株)フジカ が パッケージ資材選択・提供、包装デザイン開発を行う。連携体企業との連携により「長崎銘産品」となり得る商品開発を目指す。また、企業組合eタウンはネットショップによる販路開拓を行う。

地元農産品(トマト)を活用した高付加価値商品の開発・バーチャルショップ等による新商品の販路開拓

事業実施体制

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

新規性

トマト加工食品は、フルーツ感覚の加工食品などが増えており、本事業では、現在流通していない「トマトのコンポート」の商品化に取り組む。企業組合eタウンは、運営しているネットショップ「まちづくり屋の店」で商品を販売し、商品開発から販売までの一貫した体制を整備し、ブランド化を図る。

市場性

トマト加工食品は、フルーツ感覚の商品、スイーツ系商品などにより拡大している。

実現可能性

商品化は、試作により一定の目途を得ている。パッケージ化、加熱殺菌処理後を考慮した詳細レシピ確立、賞味期限の確立、キャッチコピーとパッケージデザイン開発は、連携体企業との連携及び長崎県工業技術センターの技術指導で商品化が見込める。

地域活性化への波及効果

長崎県におけるトマトの歴史、エピソードを活用したイメージ戦略で、長崎県産農産物、加工技術の評価を高め、原料(ダイヤトマト)の出荷量拡大、新事業展開による雇用創出に繋がると考えられる。

代表企業等の連絡先

代表者:企業組合eタウン
所在地:長崎市魚の町6-4
電 話:095-829-0031
FAX:095-825-8516
H P:http://www.etownjpn.com/

採択日:平成22年10月1日