支援事例詳細

長崎県県産品の黒ごまを活用した新しい長崎カステラの開発及び販路開拓

長崎県県産品の黒ごまを活用した新しい長崎カステラの開発及び販路開拓

株式会社 菓秀苑森長

長崎県諫早市

【連携体】

  • 農業組合法人ながさき南部生産組合

商品紹介

事業内容

カステラの次の形を常に開発している中で、素材としてのごまを発見し商品の開発を開始(外国産ごま使用)。そんな中、県からの紹介により、島原での生産者を見つけることで、カステラとの相性も良く、インパクトのある商品開発ができると考えた。販路拡大に関しては、国内は既存の販売先を中心に販売を実施。海外に関しては、アジアでは定番かつ人気のある「ごま」および、かねてよりある「日本」という2つのブランドを中心に海外にも販路を開拓し、逆にその販路開拓による日本国内でのブランド化を目指す。別途現在タイで高評価を受けている「半熟生カステラ」という商品性に関してもごま味を適用し更なる販路拡大を目指す。

長崎県県産品の黒ごまを活用した新しい長崎カステラの開発及び販路開拓

事業実施体制

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

新規性

県内農産物との共同開発は初めて、かつ、油分のある食材とカステラを混ぜ込むという工程も初挑戦。本場の長崎カステラ屋として、ごまとカステラの相性を追求。また、弊社で同時に外国産のごまカステラも製品(質)比較のために同時販売を検討しており、味の違いおよび安全性の違い、希少性などを打ち出していく。

市場性

対象とすべき市場
既存カステラマーケット、フレーバーカステラ市場、健康志向のある女性マーケット、海外市場(アジアから東アジア)

成長性
  1. 弊社既存輸出国発の他アジア諸国への展開を期待。
  2. 日本産(長崎産)ごまの知名度向上によるごまの他箇所への活用→生産量の拡大→単価引き下げ
    →シェアの増加(現在国内流通量の 0.1%)
  3. 特定保健用食品市場への進出(構想段階)
実現可能性

開発に関しては、助成期間で十分に賄える想定。販路開拓に関しては、国内→助成期間内に、弊社既存販路への告知、展開は可能。海外→輸出プロセス、営業も含め助成期間内の着手は可能。

地域活性化への波及効果

連携構成員の知名度の向上、菓秀苑森長のカステラブランドの向上、売上の拡大。長崎の県産品同士のコラボということで、ニュース性があると判断。また、長崎島原がごまの産地というイメージを全国的にPRできる効果あり。海外に関しては、長崎(日本)ブランド、かつ、アジアでも人気のあるごまを活用することにより、長崎および長崎カステラ、ごまの知名度の向上を狙う。経済的には、上記市場プラス健康志向の女性への販売も期待できるため、売上の拡大含め地域経済への波及効果は高いと判断。

代表企業等の連絡先

株式会社 菓秀苑森長
所在地:諫早市幸町 38-30
電 話:0957-21-2121
FAX:0957-21-2122
HP:http://www.kashuen-moricho.co.jp/

採択日:平成27年12月1日