支援事例詳細

長崎県産材桧柱で創るブランド住宅開発及び販路開拓事業
〜対馬ひのきが生まれ故郷で家になる〜

長崎県産材桧柱で創るブランド住宅開発及び販路開拓事業〜対馬ひのきが生まれ故郷で家になる〜

株式会社富建

長崎県大村市

【連携体】

  • 永川林業
  • 有限会社石井興産
  • 特定非営利活動法人西九州優良木造住宅を創る会

商品紹介

事業内容

長崎県は豊かな自然に恵まれており、森林についても例外ではない。森林は適切な伐採と植林を繰り返すことによってのみ適正な循環を維持することができるが、適切な伐採ができていないという現状がある。そこで本事業を通じて長崎県産の木材をブランド化して価値を高め、ブランド住宅の開発及び販路開拓事業を行う。

  1. 長崎県産材を活用したブランド住宅の開発土台や柱に対馬ひのきを使用し組み立てることを「長崎県産材を活用したブランド住宅」と定義づけ、この組み立て工法の開発を行う。
  2. ブランド住宅販売のためのITシステム開発長崎県産のブランド木材を評価していただいた消費者の中で、新築又は改築を希望する方に対して、住宅として有効な長崎県産材によるブランド住宅の情報発信が繰り返しできるようなITシステムを開発する。この開発により、全体的な長崎県産材の消費量を増やし、将来的には長崎県に設備が整った生産施設が設置されても採算が取れる仕組みを作ることができる下地を作りを目指す。
長崎県産材桧柱で創るブランド住宅開発及び販路開拓事業〜対馬ひのきが生まれ故郷で家になる〜

事業実施体制

h26-2_nousan_tomiken_zu

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

新規性

長崎県産材を積極的に利用した住宅はそもそも県内には存在しない。また長崎県では現在、土台に桧を活用している住宅は多いものの、本来長崎県の気候や地域特性にマッチしている桧の柱はほとんど普及していない。よって今回開発する長崎県の桧の柱を用いたブランド住宅は新規性がある。

市場性

消費者はこだわりのあるものにはお金をかける傾向にあり、また県産材を活用した住宅は発展途上である。 長崎県産材の良さをきちんと消費者に伝えることができれば、十分に需要は見込める。

成長性

長崎県産材販路拡大により長崎県の林業者が活性化し、また地域の工務店が建設する住宅が増加し中央に流 れていた資本を地域にとどめ、地域経済を活性化することができる。

地域活性化への波及効果

本事業を実施することにより、県内の林業者、木材流通業者を活性化することができる上に、地域の工務店も活性化させることができるので、地域経済を活性化させることができる。また活性化の良いサイクルに入れば林業者等の設備投資も加速し、さらなる経済効果を期待できる。

代表企業等の連絡先

株式会社富建
所在地:大村市杭出津2丁目794-2
電 話:0957-53-2145
FAX:0957-54-5071
HP:http://www.tomiken.gr.jp/

採択日:平成26年12月15日