支援事例詳細

魚を発酵させて作る味噌の商品開発・販路開拓

魚を発酵させて作る味噌の商品開発・販路開拓

長田食品

長崎県平戸市

【連携体】

  • 林水産

商品紹介

事業内容

近年、食品アレルギー(大豆)や健康志向が高まる中に、長田食品のこれまでの物づくりのノウハウを活かし、全国でも珍しい、魚(平戸で獲れるあご、いかなど)を発酵させて作る味噌として新商品開発と販路開拓を実施する。

魚を発酵させて作る味噌の商品開発・販路開拓

事業実施体制

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

新規性

全国には、味噌に魚肉を混ぜた魚味噌はあるものの、魚を発酵させた味噌は、大変珍しい食品として新規性は十分にある。

市場性

無添加で素材の持ち味を最高に活かした食品として、健康志向や食品アレルギーのお客さまが求めている食品であり、市場性は十分にあると考える。

成長性

味噌については、幅広く食品や料理に使用されていることから、多くの農産物と組み合わせることが可能であり、新たな商品づくりの展開が期待できる(味噌づけ、みそラーメンなど)。連携体にとっても、これまで安価で取引された魚類(カタクチイワシ)を安定的に出荷でき、所得向上に寄与すると考える。

実現可能性

製造方法に関する特許権を保有している長崎県総合水産試験場の許可に基づき、これまでの経験や試作などの知識において、1年間での商品開発は、ほぼ見込める状況にある。また、現状の生産性においても問題はない。

地域活性化への波及効果

連携する漁業者の所得向上が見込まれることや、これまで活用されていなかった魚類の有効活用なども図られる。また、平戸産の原料など使用されることで、平戸ブランドの知名度が上がり、その他の商品の販売向上にも繋がる。

代表企業等の連絡先

長田食品
所在地:平戸市大久保町 326-105
電 話:0950-22-5544
FAX:0950-23-8114
HP:http://nagata-shokuhin.com/

採択日:平成26年8月1日