支援事例詳細

長崎県特産品「からすみ」を、
新製法でヘルシー食材に商品開発及び販路開拓

長崎県特産品「からすみ」を、新製法でヘルシー食材に商品開発及び販路開拓

印束商店

長崎県長崎市

【連携体】

  • 有家町漁業協同組合

商品紹介

事業内容

近年、日本人の食に対する感心の高まりは、味のみにとどまらず、安心・安全で且つ健康に良いものを選ぶ傾向が強まっている。
「からすみ」は長崎県産特産品として根強い人気があり高額贈答品として流通しているが、塩分と苦味が強く特定の消費者に制限されているのが現状である。
そこで今回、減塩・減苦味に重点を置き独自の製法による、食べやすい「からすみ」の商品開発を目指す。また、安心・安全面においても、すべての材料を長崎県産にこだわり、有家町漁港協同組合と連携し、原料を仕入れ、漁協物品販売部門・物産展・DM・インターネット等の通信販売による販路開拓を行う。

オリーブ樹のメルクロン苗の開発

事業実施体制

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

新規性

事業において、新製法でつくる「ヘルシーからすみ」はその製法に新規性がある。この技術は製法特許申請をし、主力商品と位置づけ、主に通信販売と物産展出店を通じて、高額贈答品市場に拡販する。

市場性

近年における消費者のヘルシー志向追及は、目を見張るものがあり、高血圧の原因となる高塩分商品は、敬遠される傾向にある。一方、情報通信技術や宅配網の進展により、全国各地のグルメ商材を購入する消費者層は増加傾向にあり、これらの消費者ニーズに適合する商品として、「ヘルシーからすみ」の拡販が期待できる。

成長性

長崎の著名な特産品である「からすみ」は、その塩分や苦味により特定の消費者に制限されているのが現状である。今回、開発する「ヘルシーからすみ」は、その減塩・減苦味の特徴により今まで敬遠していた消費者にも市場展開を通じてアプローチが出来、新規開拓が期待できる。

実現可能性

からすみのマイナス要因である過度の塩分や生臭味を抑えた新製法により新たな消費者層の開拓ができ、それによるボラ卵の消費増加に伴い地元漁業者の売上増も期待できる。又、商品の外装には長崎県川棚町で製造した「波佐見焼」の陶磁器を使用し、帯には金の箔押しを施した仕上がりになっているため、高級贈答品としての価値は十分に見込める。さらに商品製造コストについても「ヘルシーからすみ」の特長として、「減塩・減苦味・増旨み」以外は既存「からすみ」と同質であるため、問題なく開発可能な水準である。

地域活性化への波及効果

「ヘルシーからすみ」は地元産品をフル活用する製造工程であり、原料の鯔は有家町漁業協同組合から仕入れ、その後の工程はすべて印束商店の工場で行い、用いる塩は小浜町の自然海塩、酒は地元「今里酒造株式会社」、最高級品(A級品)の包装容器は川棚町で、製造した波佐見焼を使用する。このため「ヘルシーからすみ」の拡販が、関連する県内企業の収益増加につながることが期待できる。

代表企業等の連絡先

印束商店
所在地:長崎県長崎市平間町 339-3
電 話:095-839-2626
FAX:095-838-4748
HP:http://induka-sakana.com/

採択日:平成25年12月6日