支援事例詳細

100%島原半島産食材使用ハンバーグの商品開発

100%島原半島産食材使用ハンバーグの商品開発

綾部畜産

長崎県南島原市

【連携体】

  • 株式会社 Urban Media

商品紹介

事業内容

綾部畜産の花房和牛を主原料にし、玉子、タマネギ、塩、米粉など他の原材料もすべて島原半島内で生産された食材による高級ハンバーグを開発する。
これまで牛肉のミンチは付加価値を高めることが難しかったが、WEBの活用により、生産地=島原半島のイメージや、生産・加工・販売の全ての過程を消費者に開示することができ、安心・安全をベースとした付加価値を高めることができる。また、株式会社UrbanMediaが保有するインターネット販売のノウハウや各種メディアとのネットワークを活用して販路開拓を目指す。

オリーブ樹のメルクロン苗の開発

事業実施体制

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

新規性

これまで加工食品は原材料の生産と開発・加工、及び流通・販売はすべて別々の会社が行っていたためコスト削減が可能となる。また、WEBを活用して生産・加工・販売のすべての過程を消費者に開示することができるため、安心・安全をベースにした付加価値を高めることができる。

市場性

食肉のミンチは生産者や部位が不透明であることが多いが、牧場を経営する綾部畜産は全てをトレースすることができる。他の原材料についても地元のつながりをもとに生産者を限定するので、消費者が求める食の安心・安全に確実に応えることができる。

成長性

消費者は生産者から直接購入する機会が増えており、インターネット通販の敷居が低くなっていることと、株式会社UrbanMediaが集客やリピーター育成の手法を確立していることなどから、事業開始時から安定して売上を伸ばすことができる。

実現可能性

原材料の仕入ルートは確保済みで、ハンバーグの製造も既存の設備を活用して行うことができる。また、インターネット販売もこれまでの成功実績を応用して行うので、問題なく実現することができる。

地域活性化への波及効果

本事業は「100%島原半島産」を強く打ち出して販売するため、商品のPRはそのまま島原半島のPRとなり、強力な波及効果が期待できる。原材料の直接買付けや地元食材の付加価値向上方法の確立などでも地域活性化に貢献できる。

代表企業等の連絡先

綾部畜産
所在地:南島原市加津佐町乙 862-203
電 話:0957-87-5030
FAX:0957-87-5290
HP:http://hanabusawagyuu.com/

採択日:平成25年12月6日